2006年 09月 26日

「松田優作、語る」通読

e0030187_13414118.jpg













 (写真はクリックすると拡大します。)

 相変わらず民俗学ホラー・本格ミステリであろう「まじもの云々」に
手が伸びない。「松田優作、語る」(山口猛編 ちくま文庫 01初帯)を
持ち帰って通読。

 TVシリーズ「探偵物語」のBテイストは大好きだったけれど、熱心なファン
には至らなかった。初期から早い晩年のインタヴューまで時系列に収められた
この本を読んでも、認識を改めるところまで行かない。一所懸命さは
いいのだけれど、きまじめさの質と方向とが違うようだ、どうも。もう少し
ヒューマーが感じられたらなあと、無い物ねだりかも知れないが。

 「探偵物語」の中で、あれは大友柳太郎だったと思うが、やくざの親分役で
ゲスト出演した回があった。周りの若い役者たちと全くステージの異なる
(TVではなく)映画スターの演技がそこには在り、強烈な違和感があるのだが、
松田優作以下全員が、かつての大スターを、驚きの意識を隠せないままも、
敬愛の念を抱いているのが見て取れて、それがとても良かった。
[PR]

by byogakudo | 2006-09-26 13:41 | 読書ノート | Comments(0)


<< まだまだ寄り道      fall >>