2006年 09月 30日

配本

e0030187_122459.jpg











(写真はクリックすると拡大します。)

 お師匠さんが2回目の配本にきて下さる。ジョセフィン・テイ2冊、
マージェリー・アリンガム、西條奈加(ゴメスもの2冊目!)、荻原浩の
全5点。嬉しや、ジョセフィン・テイ。小学館からも出ていたのね。

 論創社のシリーズにマイケル・イネスがあるのでお聞きすると、
 「はぐらかされるような感じだよ。ま、今度持ってきて上げましょう」。
 
 お師匠さんは、短編以外のミステリなら大抵、持っていらっしゃる。
お師匠さんちの子供に生まれたかった?!__それを言うなら、アルスの
戦前版美術全集や戦後の商業デザイン全集(イヴニング・スター社)が
本棚にある、デザイナか建築家の子供にも生まれたかったし、そろそろ
死に仕度にかかるべき歳にもなって、何を言ってるのだろう。

 昨夜から「どん底の人びと」(ジャック・ロンドン 教養文庫 85初)。
オーウェル「パリ・ロンドン放浪記」みたいだと思ったら、こちらは
その30年も前に出版されていた。資本主義は永遠に貧乏人を必要とする
(必要とあれば新たな貧乏人も作り出す)経済システムだけど、これを
緩和する手段はないものか。

新着本
[PR]

by byogakudo | 2006-09-30 12:24 | 読書ノート | Comments(0)


<< 旧今泉篤男邸      そりゃあ、五反田に行きますとも >>