2006年 10月 02日

「どん底の人びと」他読了

e0030187_13314348.jpg














 (おっと、ジョセフィン・テイはどうしたのだろう?) 
 「どん底の人びと」(ジャック・ロンドン 教養文庫 85初)読了。資本主義は
暗いぞという話、かしら? 資本主義経済はどんな時代にあっても、1割以下の
人々の繁栄を9割の貧困層・貧窮層が支える基本形態から逃れられないんじゃないか
と、悲惨な気分に陥る。エドワード朝のイギリスであれ、平成不況期の日本で
あれ。

 寝床で「どん底」を読む前に、「愛国者は信用できるか」(鈴木邦男 講談社現代
新書 06初帯)を読む。数日前、東京新聞で彼のインタヴュー記事を読んだら、
どこが右翼なのか、ほとんどリベラルだったので。
 一読して、天皇が存在するところで右翼なのだろう。でもリベラル。

 今朝の東京新聞で見たのが、「治まるめえと下からは読む」式で、「憎いし、
苦痛」。
[PR]

by byogakudo | 2006-10-02 13:38 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「魔性の馬」途中      旧今泉篤男邸 >>