猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 24日

2冊同時に読んでいる

e0030187_13143819.jpg














(写真はクリックすると拡大します。)

 前に読んだことのある「明治のおもかげ」(鶯亭金升 岩波文庫 00初)と
「スラップスティック・ブルース」(高平哲郎 冬樹社 81初帯)とを同時に
読んでいる。鶯亭金升はぽつぽつと、高平哲郎は急いで読む。後者は今夜中に
終わるだろう。

 「明治のおもかげ」でやっぱり好きなエピソードといえば、饗庭篁村の
出てくる『摺鉢山』だ。

< 饗庭篁村(あえば・こうそん)は歌も句もやらぬ人であったが、或年の春、
 上野の摺鉢山(すりばちやま)の下に立って散る花をながめている処へ先生が
 やって来たので、
  「どうです、この花の雪の見事な景色は」と言ったら、
  「一句やりましょうか」と言うに、これは珍しいと思い「伺いましょう」と
 耳を澄ませば、
  「散るわ散るわ桜よ、我を埋め殺せ、どうです」>
 「殺風景」とは、このことだろう。素敵。
[PR]

by byogakudo | 2006-10-24 13:15 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「スラップスティック・ブルース」読了      「映画裏方ばなし」読了 >>