猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 25日

「スラップスティック・ブルース」読了

e0030187_1236051.jpg









 

 (写真はクリックすると拡大します。)

 80年代、「宝島」や「ビックリハウス」でパロディ行為が流行った頃か。
といっても、どちらも読まなかったけれど。
 著者はパロディという言葉が使用過多になり、本来の意味を失い、安直に
流通している当時の状況に困惑している。そういえば、そんな風潮だった。

 それから20年、TVをつけると若い笑芸人たちがいっぱいで、素の魅力どころか
体力の見せつけ合いと、いじめ合いで勝負している。古代ローマ帝国末期みたい
なんぞとは言わないが。

 仲間内の密室芸で坂田明のネタだが、ピアノ・坂田明、団しん也の歌で
「三遊亭円生のスキャット」なる出し物に心惹かれた。
                      (高平哲郎 冬樹社 81初帯)
[PR]

by byogakudo | 2006-10-25 12:36 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「地下鉄(メトロ)に乗って」読了      2冊同時に読んでいる >>