猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 31日

「知の自由人たち」読了、「月が昇るとき」へ

e0030187_13584360.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

~10月30日より続く

 顔が長いのが江戸っ子であるという正岡容の説を、都筑道夫が紹介していたと
思うが、幕末の江戸っ子たちはほんとに長い。たまに四角っぽい写真があると
大抵、地方出身者である。中でもとりわけ成島柳北が長い。顎の異様な長さ、
極端ななで肩は、もしかしてレンズがおかしいのじゃないかと疑わせる。
伊藤雄之助も嶋田久作もかなわないだろう。
 阿呆な感想ですまぬ。第7章以降、趣味人たちのネットワークあたりが特に
面白かった。          (山口昌男 NHKライブラリー 98)

 さて、第4回配本は「月が昇るとき」(グラディス・ミッチェル 晶文社ミステリ
04初帯)から。第1章を読んだだけで断言する、これは傑作だ。20年代か30年代、
イギリスの地方都市に暮らす少年たちの思いが、ずんと伝わってくる。

 時と場所は異なっても、こどもたちは未知へのあこがれを、ごく些細なものや
できごとに託し、貧相な骨董店は夢への通い路になる。大人の抽き出し中にある
ガラクタや屋根裏部屋にあこがれたことを覚えているなら、共感するだろう。
どれほどの夢を、あれらのオブジェに見出したことか。

11月01日に続く~
[PR]

by byogakudo | 2006-10-31 13:59 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「月が昇るとき」読了。素晴らしい!      第4回配本 >>