猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 04日

「いつ死んだのか」読了

e0030187_1681710.jpg














 (写真はクリックすると拡大します。昨日の写真もアップしました。)

 名前だけ知っているミステリ作家(ああ、「作家」って使っちゃった!
「小説家」で通したかったのに。)のひとり、シリル・ヘアーを初めて読む。

 引退した弁護士と警部の会話をp75より引用:
< 「趣味? どんな趣味ですか? 養蜂やバラの栽培?」
  「いいえ、そんなたいそうなものではありません。養蜂はシャーロック・
 ホームズに任せますよ。バラの栽培は__それはカッフ巡査部長でしたよね?」
  「推理小説の古典に詳しいんですね」
  「古典だけじゃありませんよ、ミスター・ペティグルー。推理小説なら
 なんでもこいです。・・・(以下略)>

 ふたりは旧友同士で、久しぶりに出会い、複雑な親族関係間に起きた
殺人事件を解決する。

 P185でミスター・ペティグルー(元弁護士)がミスター・マレット
(元警部)にヒントを与えるときの会話:
< 「私は今、気が大きくなっているので」ペティグルーが言う。「あなたの
 ためにその質問にお答えしましょう。というより、どこで答えが見つかるか
 お教えします。あなたの書斎ですよ。『シャーロック・ホームズの冒険』__
 いや、『シャーロック・ホームズの回想』だったかな?・・・(以下略)>

 少年期にも似たような事件に出くわした老弁護士が、こどもの頃を回想する
場面など、しみじみと地味なトーンで、いかにも英国探偵小説らしく好もしい。
                   (シリル・ヘアー 論創社 05初帯)

 さて、今週の新着欄はグラフィカル。「現代商業美術全集 17 文字の配列と
文案集」は図版が少ないと言われるかも知れないが、文案集(コピー)が
面白い。30年の出版なので、戦争モードなコピーが目についたり(<貯金は
誰にも出来る御奉公>とか<緊(し)めた生計(くらし)に伸び行く日本>等)、
英文対訳惹句集粋を見れば、<Beauty to have and to hold.=美人になるにも、
なつてからも。>だったり、愉しめます。
 新着本
[PR]

by byogakudo | 2006-11-04 15:15 | 読書ノート | Comments(0)


<< 尊敬      近所の散歩 >>