猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 09日

「秘密諜報員」VS「アシェンデン」

e0030187_15495879.jpg












 (写真はクリックすると拡大します。)

 龍口直太郎訳「秘密諜報員」と河野一郎訳「アシェンデン」とを
アシェンデンのボスが女スパイを尋問する箇所で比較してみたい。

 1) 「秘密諜報員」(創元推理文庫 84年40刷) p150より
 < 「・・・わしはきびしい叔父さんのように、ズケズケと
  さとしてやった。天罰の恐ろしさもふきこんでやった。十年の刑には
  処せられるぞといってやったら、女もおびえていた。それがわしの
  目的だったんだがね。むろん女はすべてを否定したが、証拠は揃って
  いるんだ。のがれるチャンスはないぞとつめよって、三時間も
  ねばったね。女はケチョンケチョンになって、とうとうすべてを
  白状しちまった。・・・」>

 2) 「アシェンデン」(新潮文庫 63初帯) p148-149より
 < 「・・・わしはオランダ人の伯父さんのように、きびしく
  さとしてやった。神を恐れにゃいかんと説いてやった。懲役十年は
  固いところだとも言ってやった。女もこれにはぎくりとしたようだった、
  もっともこっちじゃそれを狙ってたんだがね。もちろん、女は知らぬ
  存ぜぬの一点張りだ。しかし証拠はちゃんとあがってるんだ、いいかげんに
  観念したらどうだ、と言ってやった。三時間ねばったよ。
  とうとうしどろもどろになって、すっかり泥を吐きやがった。・・・」>

 アシェンデンのボスは上品な育ちではないが、1)のカタカナ表記多用ぶり
(「ズケズケ」や「ケチョンケチョン」)は当時よく見かけた手法だけれど
雑で、どうも好ましくない。スパイ小説だからと、誤解に基づいたハード
ボイルド・タッチで訳したのかしら?

 また、「叔父さん」・「オランダ人の伯父さん」の箇所は、前者は日本語的に
砕いて訳そうということだろうが、賛成できない。原文の直訳に近い(だろうと
ヤマカンで思う)後者にむしろ、日本語の可能性を感じる。
[PR]

by byogakudo | 2006-11-09 15:04 | 読書ノート | Comments(0)


<< 楽器の日?      「ストップ・プレス」から「秘密... >>