猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 09日

バリントン・J・ベイリー

の短編集を昨夜から読み始める。ハード・ほら話・SFだろうか? 理科と数学に弱く
ても読めるハードSFのようだ。アナログ頭で類推しながら、ぽつぽつ読んでいこう。
ごりごりハードSFじゃないから、なんとかなるでしょう。あれだけは、駄目です。
全面拒否。

 06aに載せた金井美恵子をエッセイ集だけ眺め読みしたが、やはりファンには
なれないみたい。悪口芸のスタイルは確立されているけれど、わたしの好みとは
少し方角違いだ。
 恰好いい悪口を書きたいと思うが、なかなかお手本が見つからない。荷風の悪口
みたいに「わたくし」使用であくまでも上品にエゲツない悪口__、恰好よいが
漢文脈のない人間が手本に取るのは無理だろう。日本語の教養がなくてかなしい。



 
[PR]

by byogakudo | 2005-08-09 15:59 | 読書ノート | Comments(0)


<< ニール・ジョーダンではなくて      なかなか傑作 >>