2006年 11月 14日

冬がくる

e0030187_12272620.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 クリスピンは読み出したばかりで書くことがないけれど、冒頭から例の
スラップスティック調。今夜で読了? いや、睡眠時間を重視しよう。

 11日に書いた「別冊宝石 60号 文芸作家推理小説集」(56年)は結局
お師匠さんが買ってくださる。「これは?!」という傑作発見は彼にお任せ。
秀作はたぶん見つからないだろうという、師匠と弟子、二人の予想だが。

 日向はあたたかく南風が吹いているのに冬のにおいがする今日。
こころが沈む。
[PR]

by byogakudo | 2006-11-14 12:27 | 雑録 | Comments(0)


<< 封筒の謎      「雷の季節の終わりに」読了 >>