猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 24日

やっぱり行った

 それでも行くのかと思うけれど、金曜日になると、Sもひとりで大丈夫だろうと、
やっぱり神保町に向かう。
 着けばうれしい古本の山。古本屋になるまでは、ただもう読めれば嬉しかったが、
なってから古本自体が好きになった。古本屋は中毒性の高い職業だ。

 今日はひとりきり、今週の売上げはなかったのだよと言い聞かせ、
ふだんより更に小額、軽量路線で買った。5冊は新着欄に載せられる。

 昨夜からジョン・ブラックバーン「闇に葬れ」を読み始めているのに、
帰りの地下鉄で読んだ「泥棒論語」(花田清輝 未来社 59初)が面白い。今夜中に
読み終えて明日の新着欄に出せそうだ。

 たぶん、26日(日)から週4日営業、営業時間短縮の方向で店舗営業を
再開できそうです。詳しくは明日、ブログとHPトップページでお知らせ
いたします。どうぞ、よろしく。
[PR]

by byogakudo | 2006-11-24 21:09 | 雑録 | Comments(0)


<< 明日から短縮形態で店舗営業を再...      「貝殻追放 抄」をまだ読んでいる >>