猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 08日

個展やライヴのご案内他

 宇治晶氏の個展案内状に使われている睡蓮の写真、タイトルは
inside your mirrors だそうです。今度はなぜ複数形なのかが気になる。
解釈が思いつかない。来週ぜひ行きたい。

 明日は山崎阿弥さんが自由学園明日館でゲスト・ライヴ。
Sが回復していたら、カメラを持って明日館の撮影がてら見に行って
もらえるのだが。

 店があるので、展覧会行きはひとりが残って店番する。松濤美術館の
合田佐和子展なぞは、交替にレジ番して見に行った。レオン・スピリアールトは
一緒に行けたけれど、本買い以外で同時に出かけられることは少ない。
 ま、いつも一緒にいるじゃないかと言われれば、その通り。

 昨夜は「外人のTOKYO暮らし」(青山南 朝日文庫 95初)読了。80年代半ば
東京に暮らすフリーランスの外国人にインタヴューしてできあがった本だが、
そう言えば、バブル経済期には外国人が多かった。
 その後、長い長い不況の時代が続いて今に至る。バブル経済期に生まれた
こどもたちは、物心ついてからずっと不況期で、現在20歳前後になっている。
 用心深く、自己抑制的になるのも無理もない。でも、若い、どうしようも
なくエネルギー溢れる時期を、どうやって健やかに過ごすのだろう? 老婆心
ですけれど。
[PR]

by byogakudo | 2006-12-08 15:07 | アート | Comments(0)


<< 雨に負ける      昨日の訂正と2冊読了 >>