猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 09日

雨に負ける

 週の始まりが土曜日なので、雨が降るとがっかりする。昼頃に高円寺へ
寄ってから店を開けたので、今日の開店時刻は2pm。申訳ありません。
 (Mr. M、お休み処再開は来週からになります。よろしく!)

 昨日の神保町を休んで、今日の高円寺にしたのだが、いつも金曜日は
本買いに出る日なので、むずむずしてくる。夜読む文庫本がないし、
という理由をつけ、病床のSを置いて、夕食後ひとり伊呂波文庫へ。
 まがじんはうすに行ったのは、もう先週のことだ。早い。

 古本屋はいいなあ。どの店もそれぞれ異なったファサードと空気がある。
どこも、それぞれに愉しい。新刊書店だって、やり方次第で愉しい空間に
できるのだろうが、小さな新刊店で点数やジャンルを絞り密度を上げる
やり方を取ると、古本屋がそれをやるより無理が多いらしい。古本屋が
やっても、ひどい無理を重ねることになるのですが。

 久しぶりの伊呂波文庫は、店内もすっきりと(うちも、もっと整理しなきゃ)
相変わらずチャーミングなラインナップで、古本屋にいる悦びを満喫できた。
寝床本を3点、うち1冊はお勧め本「浮かれ三亀松」である。同じ吉川潮の
「江戸前の男_春風亭柳朝一代記_」も、いずれ読むつもり。

 今週もよろしく。
 新着本
[PR]

by byogakudo | 2006-12-09 16:36 | 雑録 | Comments(0)


<< 「荷風極楽」途中      個展やライヴのご案内他 >>