2006年 12月 10日

「荷風極楽」途中

e0030187_1517142.jpg














 (写真はクリックすると拡大します。)

 Sが来てくれた。1時間半ほど滞在。3時間いようと思っていたらしいが
店がやはり寒すぎて、いられない。腰を痛めたひとには不向きの職場である。
 彼のおかげでHP手直しやブログ写真掲載ができたのだけれど、(じつは
三日間ほど、ひとりで悩んでいた代物があった)、本気でPCを覚えないと
今に泣くのはわたし・・・。

 お師匠さん来店さる。第5回配本をお返しする。ふたりして、もう駄目
じゃないかと噂するマイクル/マイケル・イネスであるが、お師匠さんは
昨日?発売のイネス新作をお買いになった。来年早々、貸して下さる予定。
 恒川光太郎に関しては、師匠・弟子ともに「がんばれ!」の思いである。
体力ホラーにならずに長篇怪談を書くのは、ほんとに難しいのだから。

 「三亀松」ではなく、松本哉の荷風第2作「荷風極楽」(朝日文庫 01初)を
読み始めた。こちらは作品から荷風を探検する試み。
 松本哉は荷風と同名異人の「永井壮吉墓」を日暮里に探しに行っている。
家系を辿ると荷風とつながることはつながるらしいが、荷風は三島由紀夫とも
祖母の方の縁でつながらなくはないと、調べ上げている。
 日暮里は「新堀(にいほり)」に由来する地名で、水の漂う低い湿地帯を
表すと、知る。
[PR]

by byogakudo | 2006-12-10 15:18 | 読書ノート | Comments(0)


<< 森茉莉さんとお茶を (8)/「...      雨に負ける >>