猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 13日

これを寝床本に?

 薄田泣菫に手こずり、しかたなく手近な文庫本を持ち帰ってみる。
でも、「国家に隷従せず」(斎藤貴男 ちくま文庫 04初)は、寝床本として
どんなものだろう? 考え方は近くて、もっともだと思いながら読んで
いたが、夜ベッドで読むには、もう少し違うジャンルの方が・・・。
 あれこれ考えちゃうじゃないか?! ヤケ起こして「空疎な小皇帝__
『石原慎太郎』という問題」(岩波書店 03初帯)まで読もうかしら?

 「国家に・・・」は初めの方だが、特に新聞ジャーナリズムにおける
「不偏不党」「客観報道」というスタンスは、
<一九一八年(大正七年)の『白虹(はっこう)事件』で、それまで
 大正デモクラシーを唱導してきた大阪朝日新聞が当局の弾圧を受けて
 編み出した方針が嚆矢とされる。」(p24より)を読んで納得した。

 よく投書欄なぞに見られる対立意見の並行掲示の大元はこれか。どんなに
馬鹿丸出しの意見であっても対立する読者からの意見として、もっともらしく
乗っかってるのは、そういう訳なのね。新聞はどちらの立場にも組しません、
みなさまのご意見を交換し合うコーナーですからと、逃げを打つための装置が
「不偏不党」「客観報道」なのか。
 でも、歴史観なしに史書を書くことができないように、ある立場を取らなければ
報道だってできやしない、じゃないか。
[PR]

by byogakudo | 2006-12-13 17:03 | 読書ノート | Comments(0)


<< 逃避し続けたい      「艸木虫魚」、どうしようかな? >>