2006年 12月 14日

逃避し続けたい

e0030187_14101557.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 「ずらかる」がわたしの生きるテーマ?だと信じるが、それでも
時折「国家に隷従せず」みたいな本に共感を示したくなる。逃げ切るためには
攻撃も必要なことだし。

 寝床本には不適と言いながらほとんど読了。斎藤貴男は喫煙者ではなく、
煙草嫌いなのに、禁煙ファシズム批判を続ける。
 p206<・・・ハーレムは拳銃や麻薬の温床でもある。人々の健康、
    というより生命を重んじるなら、タバコより先に"教育"されるべき
    ことがいくらでもあるのではないか。・・・
     タバコに諸悪の根源を求め、"上からの革命"を急ぐ現代の禁煙運動が
    真っ先に解決すべき社会構造の矛盾を矮小化し、より巨大な悪から
    人々の目をそらせる効果を担う結果になってしまっていることを、
    私は畏れるのだ。>

 p234<・・・認められるべきは個人としての嫌煙権であって、行政権力に
    よる禁煙ではないと考えざるを得ないのだ。>

 p235では、02年7月成立の「健康増進法」が引用される。
    < この「健康増進法」、ちょっと凄いことが書いてある。第一章
    「総則」の第二条に「国民の責務」の見出しがついていて、
     <国民は、健康な生活習慣の重要性に対する関心と理解を深め、
      生涯にわたって、自らの健康状態を自覚するとともに、健康の
      増進に努めなければならない。>
      というのである。とすればタバコなどを吸う不逞の輩はもちろん、
     病気がちだったり、何かの障がいのある者は、「国民の責務」を
     果たしていない"非国民"ということになる理屈になるのだが。>

                  (斎藤貴男 ちくま文庫 04初)
[PR]

by byogakudo | 2006-12-14 14:11 | 読書ノート | Comments(2)
Commented by chocochip at 2006-12-15 00:44 x
>「国家に隷従せず」みたいな本に共感を示したくなる。
Really!ということで思わず失礼いたします。
個人的にはヨシフ・ブロツキイ「私人」
“専制国家における殉教者や人心の支配者となるよりは、
民主主義における最低の落伍者となったほうがいい”が
気に入っております。あと辺見庸氏も。
ところで御写真、見事な趣ですね。どちらなのでしょう。気になります。
Commented by byogakudo at 2006-12-15 20:20
「私人」の言葉、いいですね! わたしみたいに、ぐうたらな人間が時々こんなことを書かざるを得ない、いやな時代になりました。 
 写真は、えーと、西新宿近辺(柏木あたり?)を歩いていたら
ありました。住んでらっしゃる様子でしたが、夫ならどこだか覚えているかもしれません。


<< Holy Cabaret__宇治晶展      これを寝床本に? >>