2006年 12月 15日

Holy Cabaret__宇治晶展

 ギャラリーの扉に黒い布がかけられ内部は窺えない。中に入ると照明は消され、
作品自体の放つ灯りしかない。正しくいえば、写真を裏打ちしてある薄い紙状の
発光体を電源につなぎ、作品の内側から照明する。(この説明でいいのかしら?)

 宇治晶氏の作品は、照明があると映り込みやすいから、これはよい展示方法だ。
個展会場が教会にも、青い灯りが所々にあるキャバレにも観えてくる。教会建築を
知らないので正確ではないが、白百合の側廊を従えた睡蓮の身廊にも、
怪しい気配をかもし出すキャバレとも感じさせる。

 宇治晶氏は古典(普遍)を志向する。数は万国・万人に共通する言語であり、
いつの世にも変わらないコードである。数の中でも虚数は、現実には存在しない
のに、やはり基本言語として応用・流通する世界である。
 彼の写真は、その虚数世界にこの世のもの(オブジェ)が存在した場合、
どう見えるかを、三次元世界の住人たちに見せてくれる。

 虚数の世界も、この世の花(睡蓮や百合)も、将来的に変化しない。いくらか
品種改良されて花の色や形に違いが生じたとしても、睡蓮も百合も、睡蓮であり
百合であることは変わらない。

 宇治晶氏は、作者個人をできるだけ離れ去ることを望んで、数の世界に赴いた。
そこで観られるものは、見る側の個々人によって異なる。作品の総タイトルが
inside your mirrors と複数形であるのは、そういう訳だった。

宇治晶展
ギャラリーQ
[PR]

by byogakudo | 2006-12-15 20:46 | アート | Comments(2)
Commented by Gallery Aquirax at 2006-12-16 19:48 x
Thanks!!
Commented by byogakudo at 2006-12-17 16:24
Not at all !


<< 京橋-銀座散歩      逃避し続けたい >>