2007年 01月 08日

「メグレの初捜査」読了

e0030187_18555289.jpg














 (写真はクリックすると拡大します。)

 1913年、第一次世界大戦の前年、26歳のメグレ青年、初めての事件
である。メグレ警視というと年を取ってからのイメージ、それも晩年の
ジャン・ギャバンの顔で想像するのだが、ここでは26歳、細くやせている。
 役者でいえば、誰みたいだったのか。顔が浮かんで来ない。

 新婚5ヶ月のメグレ夫人も登場。彼女もしたがって若く、
<・・・お菓子屋か、乳製品屋の大理石のカウンターの向こうでしか
 見られないような、生き生きした大柄な娘だった。メグレが日がな一日、
 リシャール=ルノワール環状通りの小さなアパルトマンに放っておくのに、
 ちっともたいくつしないでいる、生命力に満ちた大きな娘。>(p34)
である。ルノアールの絵に描かれたような若い女性だったのだろう。人柄が
よく、夫を信頼しきっている。
 上流階級の屋敷内で殺人事件が起きたが、情報を齎してくれるやや色情狂的な
女中さんに対しても親切である。彼女がメグレ青年を誘惑する可能性なぞ、
つゆだに思わない。なかなか、できることではない。(たんに暢気なのか?)

 この調子だと、見つける度に買って、いつの間にかメグレ・シリーズ読破に
なりそうだ。
    (ジョルジュ・シムノン 河出書房新社 83年新装初)
[PR]

by byogakudo | 2007-01-08 19:28 | 読書ノート | Comments(0)


<< 小包の日?      「現代建築愚作論」読了 >>