猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 08日

対症療法

e0030187_16442417.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 ガセネタだったかも知れないと、まず念頭において下さい。イタリーの
医師が男性でも妊娠できる方法を開発した、という新聞記事を読んだ憶えがある。

 つまり体外受精を男性に適用する訳で、受精卵を母親になるべき男性の
小腸壁だか大腸壁だかに付着させ、帝王切開技術で赤ちゃんを誕生させる
ということだった。ゲイ・カップルでも自分たちのこどもが持てるという、
そのための技術だったような気もする。

 もしこの技術の確実性が立証されているなら、ここはぜひ、自分がどんな発言を
繰返しているのか自覚できないヤナギサワ厚生労働相や、「こどもも生まない
女が年金をもらってる」発言のモリヨシロー元首相、「生殖能力のないババアが
生きているのは有害」発言のイシハラシンタロー都知事等に、実践して
もらおうではないか。

 「まず隗より始めよ」と習った世代だろうし、みなさん憂国の志士の片鱗でも
お持ちのことだろうから、こんな少子化の非常時にこそ、身命を賭す必然性も
あろうというものだ。ご検討を願う。

 無事、懐妊・出産・子育ての暁には、それぞれの選挙区に銅像の建つこと
受合い。北京のあとに東京という目はあり得ないオリンピック招致に邁進するより
確実に後世に残る、男気の発揮であり、大政治家たる所以を身を以て世に示す、
こんないいチャンスもないだろうが、いかが。
[PR]

by byogakudo | 2007-02-08 17:48 | 雑録 | Comments(2)
Commented by 美咲歌 芽句 at 2007-02-08 22:20 x
大賛成です!
昨今のニッポンの政治屋たちの発言とその根底にある、あまりにも
幼稚な認識には開いた口もふさがりません。
なんという情けない国に成り下がってしまったのだろうか、
このニッポンという国は・・・。
世の男どもにも陣痛と出産時の、あの青竹も握りつぶすほどの
痛みを、ぜひ体感してもらいたい。
Commented by byogakudo at 2007-02-10 18:07
政治的アピールというより、女性的、執拗ないやがらせを
狙って書いたつもりでしたけど、やっぱりプロパガンダかな?
もっと厭味の腕を上げなきゃ。
教員資格の問題なんて、あからさまに君が代・日の丸強制手段
にしか使うつもりもないくせに・・・こういった事柄に関して
あくまでもイヤガラセの角度から書いて行きたいと思うのです。


<< ダンボ耳      「証拠は語る」半分ほど >>