2007年 02月 09日

ダンボ耳

 好みの本が少ないな、ともかく5冊見つけようと決心して、10冊ばかり
手にしていた。おかしい。

 A書店出品棚のあたりで二老人の話し声がするのに姿が見えない。
二人して、しゃがみこんで話していたのだ。ついお行儀悪く耳をそばだてる。
 「いや、よくお見かけしてるけど、こうしてお話するのは初めてですね」
 「いつも沢山お買いになりますが、奥さん、大丈夫ですか?」等、なつかしい
古本会話だった。うるわしい。
 「おっ、こうして話し込んでると皆さんのお邪魔になりますね」
 「それでは、また」と何事もなかったかのように、二手に分かれて本探しを
続けられたようである。

 調子に乗って八木書店のちくま文庫棚まで覗いたら、あとはヨレてしまった。
森茉莉とコレットの自伝を買う。地下鉄で早速、森茉莉「マリアの空想旅行」に
読みふける。
[PR]

by byogakudo | 2007-02-09 18:47 | 雑録 | Comments(0)


<< 連休ですって      対症療法 >>