猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 18日

「となり町戦争」の続編?途中

e0030187_14234043.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 いつもならタイトル・著者名等をノートして店にくるのに、さぼっているから
記せない。面白がっていない証拠でもある。

 抒情的なSF少女漫画のノヴェライズかしら?と誤解しかけている。むしろ
今にTVドラマにでもなりそうな原作であるのだが。少女漫画で読むのなら、
それなりに愉しめるかも知れないが、文字で読んでいると、どうも気恥ずかしい。

 愛は死より強しというのがテーマみたいだが、出てくる人物それぞれが台詞で
いちいちアピールすることもないんじゃないか。
 登場人物の描写が手垢のついた紋切り型表現であるのも、ああ・・・。
登場人物じゃなくてキャラだから、それでいいのだろうか。

 でもなあ。設定さえしっかりしていれば、それで小説になるって法はない。
小説は言葉で作られた作品世界だと、古風に信じているので__別に心理描写が
ないとか、そんなことを言ってるのではなくて__登場人物と一緒に作者も
詠嘆してるようなところを問題にしているのです。
 小説だと思って読む方が悪いといわれたら、それまでの話だが。
[PR]

by byogakudo | 2007-02-18 14:24 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「失われた町」を放棄、「赤朽葉...      「きつねのはなし」読了 >>