猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 28日

第X次配本

e0030187_13515170.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 お師匠さん来店。今回は3点。もう1冊あったのだが、それは持っていた
(読んでもいるが、もう忘れている)クリスピンだったので、近いうちに
ノックス「kou門の足跡」(kouは門構えに甲)を持ってきて下さるそうだ。
しばらく持ち帰り本を気にかけなくていい。お師匠さん、ありがとうございます。

 昨夜なぞ困った末に「検死解剖」(トーマス野口 講談社+α文庫 95初帯)を
読んでいた。
 短い法医学史もあって、
< 一八六四年のベルリンで、アドルフ・バーゼルという教授の美しい女友達が
 数十万人に死をもたらすことになる化学合成物に自分の名前をあたえた。
 彼女の名前はバルバーラ、合成物はバルビツール酸だった。>(p46~47)
そうです。

 映画化されたクラウス・フォン・ビューロー事件も出てくる。映画は、主演が
ジェレミー・アイアンズだから見たようなものだが、かなり実際の事件に忠実に
作られていたことが解る。

 当時はインシュリンが人工物かどうかは検出できるようになっていたが、
この頃の人工インシュリンは冷蔵庫に保管しないと、すぐ使いものにならなく
なった。意味深な黒いバッグの中でインシュリンの壜が見つかっても、それは
効力をもたない。
 トーマス野口は、その点を誰も考えなかったのかと疑問を呈している。
[PR]

by byogakudo | 2007-02-28 13:17 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「夜は短し歩けよ乙女」読了      (3)『下宿屋文学』挫折す >>