猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 01日

「片眼の猿」読了

e0030187_1312829.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 お、お師匠さんたらっ・・・す、すごい!

 資料に負けてると言われた本と、何もコメントされなかった本と、
どちらにしようかと迷って早く読めそうなノー・コメント本にしたが、
いやあ、すごかった。

 若い作家をケナしてばかりじゃ生産的ではないと、殊勝にも思う。
どこか1点でも評価すべき箇所を見つけたら、そこをまず紹介しようと
思っていたのだが、発見できなかった。

 冒頭3頁目でメゲる。<青いワイシャツと、白いワイシャツ。> 
「Yシャツ」でないだけ許そうか、いやしかし、続く会話にやたらと
一人称が出てくる。
 <<・・・いや、俺は知らない>
  <・・・俺がこれからする話を、よく聞いて欲しい>>__こんな
会話、アリだろうか。
 これも又なにか効果を考えてのことか、他の登場人物たちの会話との
差異化を図ってだろうかと好意的解釈を試みたが、なんの効果も
発揮していなかった。

 以下、ストーリーが展開すれば、それで小説になる(らしい)、
いかにも近ごろの若手作家らしい物語が繰り広げられ、
ばーさんセンサーにいちいち抵触する。詳しくは述べない。上記の例で
想像してください。

 帯の惹句もすごい。
 <・・・どれだけ眉に唾を付けて読んでいただいても、著者の企みを
 100パーセント見抜くのは不可能でしょう。・・・さらに、トリックが
 テーマと分かちがたく結びついていることに感嘆して下さい。・・・>

 ここまで言うか。本気にする方が悪いけれど、「六尺の大いたち」なら
笑えても、これは誇大広告の類いだ。べつにミステリ・マニアでなくても
予想できる範囲のアイディアであり展開である。どこを取って「トリックが
テーマと分かちがたく」結びつくのか、教えてもらいたい。

 読み出す前に奥付を覗いたら、右頁に<初出 「新潮ケータイ文庫」
二○○六年三月二十日〜九月十三日配信>とあり、期待してはいけないと
心構えはしていたが、聞きしに勝る恐ろしさだった。
 こんなもの書くな、出すな、ここまでレヴェルダウンしなければ本が
売れないというなら、小説なんて読まれなくていい。エンディングでは
例の「となり町戦争」続編にも似た、肯定的メッセージが
語られている。やれやれ。

 ひとつ提案がある。漫画に原作者つきの漫画があるように、小説も原案者と
それを書く小説家に役割分担させたらどうだろうか。ケータイ画面で読むときと
紙面で読む場合とを区別して書ける小説家が必要であろう、もしケータイ
小説の試みを続けたいと言うのであれば。
   (道尾秀介 新潮社 07初帯)
[PR]

by byogakudo | 2007-04-01 13:35 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「荒涼天使たちの夜」発売迫る      やれやれ、upした >>