猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 11日

いじわるばーさん閻魔帳

e0030187_14411664.jpg









 (写真はクリックすると拡大します。)

 郵便受けを見たらチラシの他にA4版の封筒。新宿高島屋リニューアルの
お知らせである。何か切抜きに使えそうな写真でもあるかと覗いたら、
爆笑ものだった。

 ペラの挨拶状から抜粋:
<・・・「日本で初めてのアンビバレントなメゾン」をコンセプトに誕生する、
 男女のモードが集う『オム・メゾン』と『ファム・メゾン』をはじめ、・・・>

 あんまりな日本語に噴き出して、メインのパンフレットを見てみた。
表紙には白人のおねえちゃん、失礼、モデルが薔薇の花束を手に横たわり、
右上に大きく三段に分けて
<薔薇と/書けなくても/バラになれる。>
 恐ろしい時代錯誤ぶりだ。

 1頁目、やっと「アンビバレントなメゾン」の説明があった。
<男と女。伝統と現代。和と洋。マチュアとヤング。
 あらゆる場面で2軸をもったアンビバレント・メゾン。
 デパート界初のフロア・ストーリーが始まります。>

 マチュアねえ。アンビヴァレントの使用法がそもそも間違ってるけれど、
一体どこの広告代理店が引き受けたんだろう? クライアントを何と言って
説得し、高島屋側はどんな理由でこのコピーに満足したんだろう?
 まさか「あえてダサくすることによって、お客樣方が『高島屋』ブランドに
感じる敷居の高さを低くして、入りやすさを強調いたしました」とは言えないな。

 叔母と喋っているとき、日本語のcelebの訳し方が変だという話になり
(彼女は英語でパンとバタを得てきた人であるのが、不肖の姪と大いに違う。)
叔母曰く
 「あれは日本での解釈では『成金』でしょ。『成金の方々が集うレストラン』
とは言えないから『セレブの集うレストラン』って、女性誌では書くのよ」
 口の悪さは一族共通みたいだ。いろいろ申訳ありません。
[PR]

by byogakudo | 2007-04-11 14:41 | 読書ノート | Comments(2)
Commented by ES at 2007-04-12 11:04 x
素敵な叔母さまですね。
Commented at 2007-04-12 19:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 「GO NOW」もう少しで終る      久生十蘭からリチャード・ヘルへ >>