2007年 05月 05日

わたしに何か読むものを・・・

e0030187_13431327.jpg













 (写真はクリックすると拡大します。)

 ない訳じゃない。あるんだけれど、それじゃない何か読む本が欲しい。
店では少しずつ「負けるな!紙相撲」(徳川義幸 六興出版 88初)、でも
いい加減にして棚に出さなければ。先週の新着ではないか。

 色川武大がこどもの頃、紙相撲に凝っていた話は知っているが、
戦後の少年たちにも流行っていたのは知らなかった。世界を創造構築して
自分のつくり上げた世界に君臨する。とても男らしい行為だ。少女は
周囲に違和感を覚えても、異世界創造には至らない。女に形而上学は
必要だろうか?

 違和感を言語化するにしても感情分析で世界と折り合える例が多い。
例外はもちろんあるだろうが、たいていの女は自分が世界内存在である
ことすら意識しないで生きて行ける。世界に対するアプローチとノン
アプローチ。これでも会話が成立しているようであるのが、考えてみれば
不思議だ。

 暑さで何やら譫言めいてきた。今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄
[PR]

by byogakudo | 2007-05-05 13:43 | 雑録 | Comments(0)


<< 「いつか聴いた歌」読了      風のキャフェ >>