2007年 05月 16日

「異星の客」途中

e0030187_13491953.jpg










 (写真はクリックすると拡大します。)

 今日のPCのご機嫌は?__3pm現在、悪くはない。一昨日のあれは
一時的不調だったのだろうか。まだわからない。いずれにしても次の
PC購入を検討しておかなくては。MかWか、それが問題。

 googleで「美咲歌芽句」と検索してみる。トップに彼女のブログが
出ている。よかった。yahooでは? まだか。
 「荒涼天使たちの夜」は新刊書店やamazonの他、著者自身からも
直接買うことができます。(こちらで。彼女の詩も読めます。)

 一昨夜あたりから「異星の客」(R.A.ハインライン 創元推理文庫 72年
13刷)。その前にたしか「伊藤晴雨物語」(団鬼六 河出文庫 87初)読了。
積極的に読みたい本がなくって、「半七捕物帳」を常備?していた。

 「伊藤晴雨物語」は、個人の領域に立てこもる絵描きの生き方という
視点から書かれているが、当時の社会状況や風俗、画壇とのからみも
書いた方が、より立体的に伊藤晴雨の選んだ立場が際立ったのではないか。
それをやると長篇になってしまうけれど。
 また、伊藤晴雨のモデルであり、夢二や藤島武二のモデルでもあった
女性のことを思うと、「横断する女」というフレーズが浮かんだ。
ここからでも何か書けそうだが資料に乏しいだろう。

 そして「異星の客」。寝る前に読んでると頭が上がりすぎるので、
切りのよいところで止めて「半七捕物帳」をひとつ読んでは眠りに就く。
[PR]

by byogakudo | 2007-05-16 14:54 | 読書ノート | Comments(0)


<< 週末      やや恐怖の一夜 >>