猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 20日

「巨船ベラス・レトラス」他読了

e0030187_13143290.jpg










 (写真はクリックすると拡大します。)

 まったくもって筒井康隆ファンではなくて、初期の短篇はいくつか
読んでいるだろうが、社会風刺のアイディアだけ見える退屈なSF作家
という固定観念をずっと持っていた。その後SFというより前衛小説家
に変貌したのは知っていたが、だからって読みたくなる訳でもない。

 ほとんど名のみ知るような存在であったが、昨夜「巨船ベラス・
レトラス」(文藝春秋 07初帯)を一気に読了。2:30amまでかかったので
今日はすこし目が痛い。
 メタフィクショナルなエンタテインメントで、今日の日本文学と文壇
状況を描く、うまい小説家なのですね。面白かったけれど、ファンには
ならない。たぶん体質がなにか合わない。

 でも、出てくるのは作家か編集者ばかり、作家の書いている小説の
登場人物まで登場させ、最後には作者自身まで登場させる腕はすばらしい。
 あるお金持ちの発行する同人誌「ベラス・レトラス」が巨船ベラス・
レトラス号に変容し、全登場人物が気がついたら乗船している趣向なぞ
無理がなくて、ほんとに巧い。
 人工的で自己言及的な作品は大好きなはずなのに、なぜファンに
ならないのか、なれないのか解らないが、肌合いの問題としか思えない。
 面白かったんですよ。

 「伊藤晴雨物語」の他にも読んでたけれど何だったっけ? 横尾忠則
「一米七○糎のブルース」(角川文庫 79初)だった。ウォーホル日記風の
退屈なおもしろさ。新書館からの元本は790頁の部厚い本だそうだが、
怖いもの見たさで読んでみたい。
[PR]

by byogakudo | 2007-05-20 13:16 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「異星の客」も読み終わっていた      お久しぶり >>