2007年 05月 27日

「ウォンドルズ・パーヴァの謎」読了

e0030187_15525531.jpg













 (写真はクリックすると拡大します。)

 名作「月が昇るとき」のグラディス・ミッチェルである。それだけで
まず嬉しい。面白さは「月が昇るとき」に比べると正直、落ちるけれど
そこらの今様(日本の若手)ミステリを思えば、準宝石の輝きを放つ。

 落ちの傑作さに吹出した。そこに持って行くまでの展開が、あまり
すっきりしない憾みがある。

 相変わらず(と言っても読むのはこれで2冊目だけれど)思春期の少年や
若い娘の気持が、とても的確に描かれ、うつくしい。

 牧師の娘が、暑い夏の夜、窓から抜出して森に夜の散歩に行くシーン(p31)
<・・・フェリシティは音をたてずに芝生を横切ると、牧師館の庭と墓地を
 分けている低い石塀を飛びこえて、ぼおっと浮かびあがる墓石から出入り
 する、多少やせ気味の魅力的な幽霊よろしく軽やかに走っていった。(中略)
  フェリシティのまわりは上も下も前もうしろも、夜の芳香とそよぎと
 静寂だけだ。彼女はそのすべてを体にとりいれ__ゆっくり深く呼吸した。
 いつもと変わらぬ長く曲がりくねった道、地味な生け垣でさえ、言いようの
 ない喜びを与えてくれる。世界の果てまで旅に出て、不死の花(アスフォデル)
 の咲き乱れる若者の楽園に行きたくなる。>

     (グラディス・ミッチェル 河出書房新社 07初帯)
[PR]

by byogakudo | 2007-05-27 15:43 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「アリントン邸の怪事件」読了      今週が始まる >>