2007年 06月 14日

「虚無への供物」読書中(4割8分)+お知らせ

e0030187_1428529.jpg







 (写真はクリックすると拡大します。)

 「殺人の起る前に犯人を見つけるのがあたしの流儀よ」(序章5 p37)
とうそぶく女性名探偵も登場しているが、探偵小説なのでやはり殺人
事件は起きる。p300あたりで既に三人、事故と片付けられているけれど
氷沼家の人々が殺されている。

 戦前は大金持ちだった氷沼家、先祖の業が災いして子孫たちが殺されて
行く話だが、横溝正史じゃないので陰惨にもならず__と書いたが、横溝の
長篇を読んでいませんの。映画化の印象で言ってるだけなので悪しからず__
素人探偵たちがわいわい推理ごっこを繰り広げている最中だ。

 女性名探偵・奈々村久生(ななむら・ひさお)はミス・ホームズ、小柄な
氷沼藍司(ひぬま・あいじ)青年はポワロ、氷沼家のご意見番・藤木田誠老は
頭文字からヘンリ・メリヴェール卿、氷沼家の友人・アリョーシャこと光田
亜利夫(みつだ・ありお)は三人分のワトスン役、という役回りで遊戯的に
推理合戦が行われているが、いまだ物語の進行方向は定かでない。

 と経過報告中、microjournal・鈴木博美さんがいらっしゃる。
6月30日(土) 三件茶屋 rain on the roof でのトークショーのフライヤを
いただきました。詳しくは6月4日付けmicrojournal をご覧ください。よろしく。

 e0030187_1892664.jpg
[PR]

by byogakudo | 2007-06-14 14:29 | 読書ノート | Comments(2)
Commented by hiromi suzuki at 2007-06-14 18:34 x
さっそく、情報の告知をいただいてありがとうございます!
とうとう関東も梅雨入りですね。。。。。
Commented by byogakudo at 2007-06-15 21:47
梅雨入りかと諦めたら真夏日。いよいよ古本屋の地獄の季節
突入?かも知れません。
30日、ご盛会でありますよう!


<< 7ヶ月ぶりのS      「虚無への供物」読書中(2割) >>