2007年 07月 05日

「漱石先生の事件簿 猫の巻」読了

e0030187_1325448.jpg










 (写真はクリックすると拡大します。)

 お師匠さんからお借りしている、もう1冊、「漱石先生の事件簿 猫の
巻」(柳広司 理論社 ミステリーYA! 07初帯)を読み終える。予想通りという
感想だ。

 つまり、漱石の「吾輩は猫である」のパスティーシュであるが、よほど
腕がないと、パロディやパスティーシュは原作の面白さに及ばない。博識と
それを生かすセンスが必要であるが、漱石の「猫」を推理小説の立場から
眺めてコラージュ的に創作したこの作品は、正直に言えば退屈しながら
やっと読み終えた。原作の面白さを再確認するだけの結果に終ったが、
これを読んで原作も読んでみようと思う若い読者が現れるかも知れないし、
それならそれで出版した意義も生じるだろう。

 そんなにゴロゴロ、大傑作やすてきな小品・佳作が生み出されるものでは
ないと承知はしているけれど、近ごろの小説は概して薄味がウリなのかしら
と、今日もばーさんはぶつぶつ言ってる。

 先日の「生還者」(保科昌彦 新潮社 07初帯)に、やっぱりつけ加えよう。
罪と罰の問題がテーマなのに、罪の意識化・内在化に至らず、せいぜいが
「気がとがめる」レヴェルなのは、どうしてなのか、と。

 若い人々を見ていると、そんなに些細な事柄で苦痛を感じているのかと
驚く場合が多々あるが、繊細というよりキャパが小さい故の苦痛にしか
思えない、野蛮なばーさんの繰り言なんでしょうけどね。
 でもヒトは言葉でできているのだから、言葉を用いて考え抜いていく
ことでしか、日々の悩みの解消も存在の苦痛への対処も小説作りも、
果せないのではないだろうか。

 「ぼやきと怒りのマリア」、やっとヘヴィな昭和39年度分を終えた。
印刷された本で読んでも疲れるのに、肉筆の手紙でこれを読んだ編集者は、
疲労困憊したことだろうと察しられる。
[PR]

by byogakudo | 2007-07-05 13:04 | 読書ノート | Comments(0)


<< 喫茶室 GINZA RENOI...      森茉莉付近(14) まだ「ぼや... >>