2007年 07月 11日

「東京アンダーナイト」もうすぐ読了

e0030187_1459746.jpg










 (写真はクリックすると拡大します。)

 読む本がないよー!とひとりで機嫌を損ねていたが、あるじゃない。
こんなときこそ「東京アンダーナイト "夜の昭和史"ニューラテン
クォーター・ストーリー」(山本信太郎 廣済堂出版 07初帯)の出番である。

 力道山刺殺事件の実録よりも、事件現場である店内見取り図とその
説明箇所に熱中する。

 『第三章 アメリカの夜を赤坂に__ニューラテンクォーター誕生秘話』
p110~112より引用。

< ニューラテンクォーターのつくりは次のようになっていた。
  玄関から「くの字」に曲がった幅二メートルはゆうにある階段を下りて
 いくと、右手にクローク、さらに五、六段下りると、(略)大きなシャンデリア
 のある広い円形ロビーに到着する。(略)
  ロビーからさらに中に進むと、右手に約十五席ほどのバーカウンター、
 そして中央の少し低く掘り下げた広々としたメインホールにたどり着く。
 ここに十分な間隔を取りながら約二百五十のテーブル席が並び、左手奥に
 ステージが見える。ステージと正対する一段高い壁際にはホールから
 ステージまで店内がすべて見渡せるスペシャルテーブルのボックス席を
 用意して、VIP待遇のお客様用となっていた。
  ひときわ高く、ブルーの照明が神秘的な吹き抜けの天井は、三角形を
 基調にした「ラメラ方式」という、当時としては最先端の工法で造られた
 美しいフォルムのドーム型。コンサートホール設計の第一人者である
 佐藤武夫氏ならではの、音響効果を第一に考えたデザインだった。>

 すてきっ! 日活アクションの世界。そういえば当時の日活の美術監督・
木村威夫氏が映画のセットのみならず、実際のバーやナイトクラブの設計
デザインを頼まれて造ったそうだが、それらの酒場で現存しているものが
あったら、ぜひ見てみたい。
[PR]

by byogakudo | 2007-07-11 14:59 | 読書ノート | Comments(0)


<< 森茉莉付近(16) 鴎外23歳の頭像      森茉莉付近(15)に+α、他 >>