2007年 07月 16日

「ひよこはなぜ道を渡る」途中

e0030187_1313692.jpg








 (写真はクリックすると拡大します。)

 久しぶりのエリザベス・フェラーズ。むかし1-2冊読んで、あまり
印象に残っていなかったけれど(悪い印象ではなく、ただ速やかに
忘れた)、中学の友人が贈ってくれた箱から出して読む。

 又しても<欧米の小説では、ノートするのに手帖ではなく封筒を
用いる>例を発見。しかし実例を見つける度に記録しているが、いつか
<欧米人のポケットには封筒が潜んでいる>理由が解明される日は
来るのだろうか。日本人ほど手帖好きではなく、たんにあり合わせの紙に
書きつける、という理由だったりして。

< しばらくすると、あちこちのポケットを探り、てのひらいっぱいの
 がらくたの中から、使い古しの封筒と鉛筆を捜しだした。けれども、
 鉛筆が紙に触れたとたん、文字を書くのを思い止まったようだった。
 (略)やがて鉛筆は、封筒の縁に雛菊(ひなぎく)の模様をいくつもいくつも
 描いていった。>(p93)

< むっつりした顔で封筒の端に雛菊(ひなぎく)模様を描いていると、(略)>
(p111)

 だが主人公・トビーは封筒以外にも書く。
<トビーはポケットから紙と鉛筆を捜しだし、日付を記録した。>(p148)
封筒なら封筒と書くだろうから、これは何か紙切れということか。

   (エリザベス・フェラーズ 創元推理文庫 06初帯)
[PR]

by byogakudo | 2007-07-16 13:13 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「ひよこはなぜ道を渡る」読了、...      「メグレと口の固い証人たち」読了 >>