猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 27日

今日は共栄堂のカレーにつきる?!

e0030187_19553599.jpg








 (写真はクリックすると拡大します。)

 もう梅雨明けといっていいんじゃないか。暑さに気を重くしながら
ふたりで出かける。まず、五反田。午後に来るからいけないと言われる
かも知れないが、夏枯れっぽい。1階は早く切り上げ2階へ。やっぱり
しぶとく見てしまう。Sは選んだ本を抱えることこそ、しないが、以前と
同じ調子で(そう見える)背をかがめて本を探す。

 コーヒーを切らしている。ヒマラヤ杉の神保町タリーズでポイントが
溜っているのに、なぜか白山通り寄りのタリーズに入る。暑さで判断力が
低下してるのでしょう。Sは譫言のように「北の丸公園・・・」とつぶやく。
余力なぞないと解った上での冗談。

 外に出るとやっと陽が陰ってきた。コーヒーを買う前にSの提案で共栄堂
に入ってみる。カレーで早い夕食だ。

 前を通る度に、いつかここで焼き林檎と紅茶を頼みたいと思っていた
共栄堂である。つまり、安東更生「銀座細見」ごっこがしてみたい。
銀座千疋屋の神保町ヴァージョンですが。

< ここの客には一つのテイクニツクがある。それは「焼きりんごと
 マカロニ」だ。つまり夕方六時前後のドヤドヤがすんだ頃、丁度銀ブラ連
 が出がけに寄る。それから第二期、九時過ぎのドヤドヤまで一寸二時間
 ほどは随分静かで、秋口なんか、クロスは白い、ウエトレスは小さい、
 それが目白押(めじろお)しで奥の方につつましくひそひそ話でもしている。
 長居も気兼ねでなく、テエブルの上が紅茶と煙草だけでは間が継げない。
 そこで焼林檎(やきりんご)を注文する。と、きまつて「お気の毒ですが、
 二十五分位かかりますが宜しうございませうか」と断られる。客の方では
 願ふところで、さてやつと出来て来たところで、今度は更めてマカロニを
 誂へる。するとこれまたお長くなりますがと断られる。つまりあとさき
 一時間半余りはこれで楽に頑張(ぐわんば)つて居られるといふ、仲々念の
 入つた時間消費法だ。>(春陽堂 31初 p152より)

 長居するだけのゆとりはないけれど、寒くなったらいつか試みたい。
今日はカレ−。地下に下りる階段部分が、ちょうど中庭の効果を出している
素敵な作りだ。店内もこざっぱりして居心地がいい。若い客たちは大盛りや
中盛りを頼んでいる。すごいなあ。

 店主の体さばきが見事。いい間合いで客のグラスに水を勧め、皿を下げる。
やや崩れた身ごなし(というより、やっぱり体さばきと言いたくなる)ながら
決して崩し過ぎない。プロフェッショナルはうつくしい。
 「お昼時の子供連れのお客様はご遠慮ください」の掲示も素晴らしい。
プロはこうでなくっちゃ。おいしかったし、また行きたい共栄堂です。
[PR]

by byogakudo | 2007-07-27 20:50 | 雑録 | Comments(2)
Commented by orangepeel at 2007-07-27 23:18 x
共栄堂のスマトラカレーは、先日、渚十吾さんにすすめられたばかりでした。
「たべたことないです・・・」ってつぶやいたら、憐れまれました、ハハ。
焼きリンゴですよね!ああ、焼きリンゴ☆

という我が家は、きょうもカレーです!
Commented by byogakudo at 2007-07-28 18:37
渋谷、百軒店にあったムルギーはお好きでしたか? 
いつ行っても必ず「ムルギー卵入りですね?」と有無を言わ
さず、ゆで卵つきになりました。



<< 2冊読了      「青年のための読書クラブ」読了 >>