2007年 08月 07日

「蜂の巣にキス」読了

e0030187_1502935.jpg








 (写真はクリックすると拡大します。)

 しまった! 店を閉めるとき急いでいて、「spin 02」(みずのわ出版
07年8月1日)を奥の部屋に忘れていた。今夜こそ持ち帰り、鈴木創士氏の
「幻脚記 二 青空」を読もう。

 昨夜は仕方なく「蜂の巣にキス」(ジョナサン・キャロル 創元推理文庫
06初帯)を読み終える。

 安直という感想。「スタンド・バイ・ミー」(読んでも見てもいません)
あたりから、子どもが死体を発見するところを採用して、イーストウッド
「恐怖のメロディ」以来のストーカー女(ヴェロニカ・レイクと名付ける
とこが、あああ・・・ださい。)をからませる。エンディングには偉きな
悪が立ちのぼらなきゃならないのに、それまでの描写が浅いから、しょぼい
悪がはかなく立上がる。
 主人公が大衆文学作家という設定なのは、これらの欠点に対するあらかじめ
の言い訳なのだろうか? どこか美点を見つけたいのだが、全体の薄味指向が
たたって__エンタテインメント系の現役小説家は国籍に関わらず、ライト
感覚という名の薄味傾向があるように思われる。本にまで健康志向を貫きたい
のだろうか。__平板な紙面からそれを発見するのは難しい。

 お師匠さんがいらして又2冊、お借りする。「今度はちょっと骨っぽい」
そうです。師匠と弟子ふたりして、桜庭一樹「青年のための読書クラブ」を
賞賛。
 方南町の住宅街に新しく古本屋がオープンしたと教えて下さる。お返しに
中野新橋駅前にブックマート?ができたことをお伝えすると、心なしか
そそくさとお帰りになられたような。常に探検を怠らない方だ。
[PR]

by byogakudo | 2007-08-07 15:01 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「spin 02」より「幻脚記...      森茉莉付近?/「spin 02」到着 >>