2007年 08月 17日

真夏の散歩

e0030187_20183384.jpg








 (写真はクリックすると拡大します。)

 等々力渓谷とかなんとか言っていたが、より近く、やや涼しさには
欠けそうだが、未踏の地・小石川後楽園行きを昨日決める。「今日
(16日)が暑さもピーク」という天気占いを信用したせいもある。信用
する方が勿論いけない。

 それでも曇り空であったお昼前。Sの母・S・わたしの三人が着いた頃
には、小石川後楽園にそろそろ陽射しが見られる。樹木が多いからまだ
耐えられたが、気がゆるむと蝉しぐれしか聴こえない。しらふでよかった
なぞと思う、シャワーのような蝉の声。Sも義母もまじめに写真を撮って
いる。木立の先に、白いドームやジェットコースターが覗く。

 真っ先に暑さにやられたわたしに急かされ、入口の涵徳亭で休む。まだ
午後は長い。次は? 弥生美術館。武部本一郎展をやっている。小学校の
図書館に置いてあった子ども向けルパンや乱歩の表紙絵は、この人だった。
ターザンものの表紙も。誰もがどこかで目にしていた絵描きだ。
 義母は記念に夢二手拭いを求める。

 東大構内を歩いて喫茶ルオーをめざす。東大はいいな。好きな建物が
多くって、大名公園よりやっぱり愉しいなと思うが、ここだって大名の
土地だった。初めて三四郎池に着く。冬に来たときは疲れすぎていて、
工学部あたりで引き返していたから。

 ルオーが赤門前だと勘違いしていた。正門から渡ってすぐだったのに。
足がもう動かないという義母をなぐさめて、それでもルオーに誘う。
お盆休みじゃなくてよかった。喫茶店らしい喫茶店がまだ残っているのは、
とても嬉しい。

 なんとなく夏休み気分になっているが、明日は営業日ではないか。
猫額洞は23日(木)~25日(土)と夏期休業いたします。よろしく。
[PR]

by byogakudo | 2007-08-17 20:37 | 雑録 | Comments(0)


<< 小石川後楽園集      「苦笑風呂」読了 >>