猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 23日

雑司が谷観光

e0030187_20264118.jpg








 (写真はクリックすると拡大します。
撮影地は杉並区です。雑司ヶ谷写真集は近日公開。)

 時々曇る。夏休みはやっぱりお盆の最中に取らないと、いつも雨の
心配をしなきゃならない。

 1pm過ぎ、目白駅から歩き出す。手にはしっかり、旅猫雑貨店特製の
「雑司が谷界隈」地図をもっている。熟読したつもりでも現地に着くと
緊張する方向痴。弦巻通りをめざす。着いた。

 旧宣教師館はいずこ? 三角寛旧邸を過ぎ、さすがの詳細を究める
「雑司が谷界隈」地図でも省略して描いてある旧宣教師館を探す。誰かに
尋ねるしかないと決心したところへ、年配の女性が通りかかる。
 説明しにくいから一緒に行ってあげると仰る。恐縮しながら甘える。
なるほど、これは描けません。地図の大きさを倍くらいにして、ようやく
描けるかどうか。

 お礼を言って宣教師館への角を曲がる。そして__おお。行った・見た・
撮った・閉まってた旧宣教師館。今日まで臨時休暇だった。前日に確認
すべきでした。
 でも近くにうつくしい「浮雲」(監督・成瀬巳喜男 主演・高峰秀子/
森雅之) 風文化住宅を発見。ここに住みたい。ここを見られただけで満足、
という素晴らしさだ。

 弦巻通りを旅猫雑貨店へ戻る。あ、閉まってる。お休みは先週のはずだが。
雑二ストアを拝見。不思議な空間だ。
 また寄ることにして明治通りへ向う。古書往来座に入る前に、「怒濤の
珈琲」で休憩する。晴れてきて紫外線で目が痛い。

 古書往来座。広い! 義母を誘うにはちょっと長歩きな雑司が谷なので、
お土産を探す。二人それぞれの文庫本も買う。旅猫さんが閉まっていた
ことをレジの方に言うと、わざわざPCで調べて下さる。感謝。ブログには
お休みとは書いてないそうだ。よかった。

 鬼子母神に行く。思っていたより境内はせまい。TVや写真だと、大抵
実際より大きく映ってしまうからだろう。

 旅猫雑貨店再訪。ここでも義母へのお土産を探す。S、旅猫さんにこの
ブログの写真を褒められる。うれしい。Sの写真は素敵です。
 けして広くはない店内とはいえ、ひとりで内装をやられた様子をブログで
見ていたから感心する。大工仕事ができる女性なんて、一昔前、いや三昔前
にはまず、いなかった。Sに言わせれば大工仕事の前に富士山に登る体力が
必要だろう、と。そうです。

 どんな人でも、これさえあれば迷わず歩ける地図を描いた下さった、
旅猫さんに感謝しつつ、帰路は白61のバスで新宿へ。地下鉄移動がほとんど
なので、地上の風景の移り変わりを熱心にながめる。道はこんな風に連なって
いるのか。東京の西側ばかりで暮してきたから新鮮だ。ディープな東京探検が
できました。金子さん、どうもありがとう。
 
 さて明日は?
[PR]

by byogakudo | 2007-08-23 21:00 | 雑録 | Comments(2)
Commented by かねこ at 2007-08-23 23:07 x
本日はご来店くださってありがとうございました。
往来座から当店まで、長い道のりを往復させてしまって申し訳ありませんでした。
雑司が谷写真集、楽しみにしております。
Commented by byogakudo at 2007-08-25 22:22
いえいえ、こちらこそ愉しい散歩ができました。いい街ですね、
雑司が谷って。時間が堆積していてすばらしいところでした。
感謝です! うちも12pm開店はしておりません(だって暑い
んですもの)。お気遣いさせてしまってごめんなさい。また!


<< 夏期休暇延長いたします      森茉莉付近(18) 「黄金の砂... >>