猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 15日

前川國男邸写真集(江戸東京たてもの園)

e0030187_17292157.jpge0030187_1729437.jpg








e0030187_1730171.jpge0030187_17302942.jpg











e0030187_17305086.jpge0030187_1731870.jpg











e0030187_17313075.jpge0030187_17314652.jpg










e0030187_1732467.jpge0030187_17322660.jpg








e0030187_17324628.jpg








 (写真はクリックすると拡大します。)

 1942年に建てられた前川國男自邸。戦時中とは思えないシンプル・
シック、かつヒューマーが感じられる。

 上から1段目、斜め正面と勝手口側。

 2段目、勝手口ドアの詳細と屋根。ドア上部に取外せそうな同材質の
板がはめられているが、何のためのものか未確認。屋根の樋を支える
緑色の細いブリキ材や枯葉よけのネット。
 コールタール?塗りの外壁に、緑色の細いブリキのラインが、箇所箇所の
アクセントとして使われている。おしゃれ。

 3段目、玄関近くの窓と書斎。内開きの玄関は大谷石が敷いてある。
書斎はスチーム暖房。戦後のものだが、SONYトランジスタTVが机に。

 4段目、書斎の椅子と、書斎に入って右側のクロゼット。クロゼットの
引戸は3枚。左端の水道で手が洗えるのがいい。

 5段目、前川邸メインルーム。右奥のはしご段から中二階のギャラリーへ
(現在は上がれない)。中奥、ドア上部の半円形が修道院みたい。
メインルームは吹抜けだが、スチームだけで足りたのだろうか。全室板張り、
畳の部屋はない。

 6段目、庭からの外観。
[PR]

by byogakudo | 2007-09-15 17:35 | 雑録 | Comments(0)


<< 新派版「イーサン・フロム」      歩く・見る・撮る >>