2007年 09月 21日

また読めない夜

e0030187_20135832.jpg










 (写真はクリックすると拡大します。)

 目録読みに時間を費やし、ウォートン「幽霊」は次の1篇を読んだだけ。
これはわりと好きだった。前2作と異なり、伝承を記述するのでなく、主人公
自らがなにかを感じとる書き方なので感情移入しやすい、ということだろうか。

 目録を読むのは仕事がらみだから、わくわく・どきどきできないのかな?
古本屋を止めたら、古書展行きも目録を読むことも、前みたいに、ただもう
愉しいだけの行為に戻るだろうか。地下鉄の中でふと、そんなことを考える。
いま止めたら後悔の念を引きずりそうだが、いつ止めても不十分だったと思い
そうで、だから古本屋は未練たらしいのさ。

 今朝の東京新聞に、女性古本屋店主を特集した紹介記事があった。海ねこさん
他数名。人数が多いので、ごくあっさりとした記事なのが残念だが、まとめて数人
紹介した方がインパクトはある。夕刊には書肆アクセス閉店に関する記事。

 ないなあと二人でぼやきながら、ない時に限ってしつこく何か買ってしまう
パターンに陥る。なにを買ったんだっけ? 買取本もあったことを忘れていた。

 Sが地下鉄の階段を軽快に上っていく。これを見る度に安堵の思いが広がるが、
まだ本を抱えると背筋にこたえる。もうちょっとなのだけれど、このちょっとが
なかなか埋まらない。いつか気がついたら、本を抱えてすたすた歩いているSを
見るのだろう。
[PR]

by byogakudo | 2007-09-21 20:34 | 雑録 | Comments(0)


<< 森茉莉さんとお茶を 別冊(1)      何も読めなかった >>