2007年 10月 03日

国書刊行会版ウッドハウスを読み始める

e0030187_13133012.jpg










 昨日の買取で入ったウッドハウス・ジーヴズもの、2冊が国書刊行会、
1冊が文藝春秋社版である。文春版の表紙に見覚えがある。国書版2点を
持ち帰り、本棚を覗くと、あった、文春版が2冊。

 ということは、文春版「ジーヴズの事件簿」(シリーズ第1卷)は店に
出せる。国書版は、どうしよう? 隠匿していたいのですが・・・。

 国書刊行会版P.G.ウッドハウス翻訳は、文藝春秋版より、おふざけ度が
高いような気がする。どちらも悪くない。どうして二社談合して、もっと
点数を出さなかったと、まだ言う。
 
 早川書房からやっとヒューリック新作が出たようで、明後日買う予定
だが、今年初のR.V.ヒューリックではないか。マイナーであってもファンは
いるので、ぜひ出し続けてください。願わくは、わたしが生きているうちに
キリル・ボンフィリオリがもっと翻訳で読めますよう、どこでもいい、
心ある出版社に幸いあれ! 恨みをのんで死にたくない。

 昨日の美咲歌芽句の記事に「ヒゴさん」と書いたけれど、肥後宏さんの
ことです、もちろん。彼らのブログ「踊ってる場合ですよ 2」はこちらから、
どうぞ。(あっ、リンクしなくっちゃ。)

 ところでお知らせが遅くなりましたが、明日、臨時休業いたします。
「古物商等警察署別法令講習会」に出席しなければなりません。なぜ、
大半の方のお給料日の翌週に、半日を費やさせて講習会を開かなければ
ならないのか、路面店への営業妨害みたいな日取りだと思う。やるなら
20日頃が適切ではないでしょうか。
 それはともかく、かくなる訳ですので、よろしくご了承ください。
[PR]

by byogakudo | 2007-10-03 13:02 | 読書ノート | Comments(0)


<< 神田須田町、すばらしいッ!      芽句 登場 >>