猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 08日

恒川光太郎「秋の牢獄」読了

e0030187_13352146.jpg








 昨日ブログを上げた後に、お師匠さんがいらっしゃる。(今週末の
新着欄に載せられる!)文庫本がどっさり、入っている紙袋を下げて。
 「その前に、単行本の方を見てみて」

 きゃっ、恒川光太郎の新作だ!
 「第一作より上手くなってると思うんだけど、読んでごらん」

 夕食後、早速読み始める。すばらしい・・・。寝る前に読み終わり、
ベッドの中でも再読してしまった。

 標題作「秋の牢獄」がことに好きだ。世界の終わりがひそやかに
着実に語られてゆく。第二作の長編では、ともすれば性急に救済を
求める姿勢が気になったが、ここでは静かな諦観をもって、悲しみを
押さえて語られてゆく。

 永遠に繰り返される11月7日・水曜日のサイクルに絡めとられた
人々の物語。と言ってしまっては、「よくあるあれね」で片付けられる。
そんなんじゃない。世界が平べったく単調になってしまった、今の
現実のメタファーであろう。自殺も殺人も翌朝にはリセットされ、
新たな同じ日が待っている世界である。

 不死の生命を持たされたしまった人々である彼ら・リプレイヤー
あるいはリプレイ面子(メンツ)は、白い影のような何かに攫われ、
ひとり又ひとり、消えてゆく。殺されたかどうかさえわからない、
ただ消去されてゆく。消去された結果、もしかしたらたどり着ける
かもしれない11月8日。リアルで象徴的ないまの怪談である。

 こんなストーリーの紹介なんて、どうでもいい。怪奇小説好きなら
まず読むべし。文章がいい!
     (恒川光太郎 角川書店 07初帯)

 ところでお師匠さんが昨日来て下さったのは「秋の牢獄」第一行の
ためであろうか。
< これは十一月七日の水曜日の物語だ。>

 ところで、又ところで。今日「マイラ」が手に入った。むかし五月
真理矢と同室していたころ、
 「貸しちゃったら返って来ないの」と言われ、「マイロン」しか
読めずに死ぬのかと諦めていた「マイラ」だ。長生きしてよかった。
[PR]

by byogakudo | 2007-11-08 13:35 | 読書ノート | Comments(0)


<< off      2冊、読み荒らす >>