2007年 11月 16日

五反田に行けない/「「子どもは判ってくれない」読了

e0030187_14591418.jpg











 昨日までよりは断然いい起抜けだ。Sは? よくわからない。
ともかく出かける。山手通りに達する手前で
 「ダメね、これは」
 部屋に戻り、Sは病院に行ってみることに、わたしは接骨院に
行くことにする。明日、出なければならない用事が控えているし
__あ、そうだ。という訳で明日のお休み処は開けません、
悪しからず、Mr.M !

 昨夜は「子どもは判ってくれない」(内田樹 洋泉社 03初帯)を
読む。

< 人はしばしば「主観的願望」と「客観的情勢判断」を取り
違える。「・・・であったらいいな」という欲望が「・・・である」
という事実認知に置き換わってしまうのである。>(p174)

 うん、いいですね。ところで彼は天皇制については、どう発言
しているのかしら? 「在日問題と国民の『権利と義務』」の項で
すらりと「帰化」という言葉が使われているが、彼にとっては
気にならない言葉なのだろうか? わたしは気にする。
[PR]

by byogakudo | 2007-11-16 15:10 | 読書ノート | Comments(0)


<< 開けてしまった/3冊ほど読了      妄想 >>