猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 23日

神保町+トロワ・フェザン

e0030187_19194193.jpg











 やっぱり古書展には行かなくっちゃ。いくら明日の新着欄の準備は
できてるからって。

 祝日の午後、2pm前、古書会館はまだ人だかりがしている。本を
覗き込むのに苦労する。「すみません」「失礼」と言いながら本棚を
チェックして行く。

 あったのか、なかったのか。微妙な感触。悪ズレして生意気になって
いるせいもある。ほんとに、これこそ欲しかった、こんな本に出会いた
かった__そんな巡り逢いは起きず、いつものラインナップになった
ようだ。早起きしないのがいけない?

 タリーズで休憩しながら、Sがもう少し他のジャンルにも目を配った
方がいいんじゃないか、と言う。それでなくても狭いジャンルに固執
して、ますます客を減らしているのかも知れない。狭いジャンルの
質や密度だって、まだまだなのだが。

 宇治晶展と小西真奈展の案内状も持ってきたが、恵比寿にも有楽町にも
廻る余力がない。ニコライ堂近くのタリーズなので、湯島聖堂に立ち寄る
のみ。いつ来ても不思議な時空を感じる。東京は江戸の続きだ。ここらでは。

 夕食は自宅はすかいのレストラン トロワ・フェザン。おいしいと
お客さまから聞いていたが初めて入る。自力じゃなく、義母のおごり。
 評判に違わずおいしい。がんばり過ぎない店内もいい。デザートの
コーヒーのおいしさに驚く。何と何のミックスだろう? 濃厚なのに
重くもたれることがない。
[PR]

by byogakudo | 2007-11-23 19:20 | 雑録 | Comments(0)


<< 「不思議な国の殺人」読了      団地小説「白と黒」(2) >>