2007年 11月 27日

「警官の血」上下巻読了 他

e0030187_13333758.jpg











 「警官の血」(佐々木譲 新潮社 07初帯)読了。悪くはないが、
三代に渡って解くような謎ではありません(一応ミステリ仕立て)。
戦後犯罪史として読めば愉しいのではないかしら。地道な語り口
だった。

 昨日お電話のあったお師匠さんがみえたので返却し、お願い
していたHPBピブル警視シリーズ3点を譲っていただく。
 「ガラス箱の蟻」「眠りと死は兄弟」「盃のなかのトカゲ」どれも
初版、状態良。今夜からせっせと読んで新着欄に出す予定だが、万一
気に入ってしまって隠匿したいなぞと言い出したら、お探しの方、
あきらめて下さい。

 HP ケセランパサランBISに載せていた「私の部屋」と「生活の絵本」
全15冊が完売したので削除。皆さま、どうもありがとうございました。
 換わって「COTTON TIME」を20冊ほどアップしています。こちらも
よろしく。

 さあ、ピーター・ディキンスンだ。英国内ではなく、旧英領植民地が
舞台になることが多い、いかにもイギリス的なへんな作家らしい。

 あ、そうだ。いつも書くのを忘れている。春にEP-4カセット・
テープをお貸ししたお客さま、そろそろご返却をお願いします。
気ぶっせいでしたら、くるんでシャッター口に入れて頂いても
郵送でもかまいませんので、もしブログをお読みでしたら
よろしく。
[PR]

by byogakudo | 2007-11-27 13:30 | 読書ノート | Comments(0)


<< 湯屋(ゆうや)奇談      「警官の血」上巻読了 >>