猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 30日

日比谷(有楽町)-京橋-新富町を歩き廻る

e0030187_1734515.jpg











 画廊巡りの一日。ときどき小雨に見舞われる。

e0030187_13332471.jpg











 まず日比谷、第一生命南ギャラリーで小西真奈「どこにもない
場所」展。孤独さが胸にしみる。最終日に間に合った。新富町画廊・
アラタニウラノでも同時開催されている。こちらは明日まで。
 その前に京橋・Gallery Qの宇治晶展"new works and movies"
行こう。明日までだ。なんとか間に合う。

 JR有楽町ガード下を通って銀座方面へ。有楽町は古書会館のない
五反田ですね。少し雨が強くなりそうなので地下鉄で一駅行く。
 銀座一丁目駅を上がると銀座アパートメント(奥野ビル)がすぐ。

e0030187_13353656.jpg








 ヴェルーチェ?で小憩後、GalleryQ。いきなりムーヴィーに
惹き込まれる。画廊の半分、奥の壁面に三台のプロジェクタを
使って、宇治晶氏の映像がエンドレスで投射されている。
 いちばん奥の壁に薔薇、ガーベラ、百合、そして骸骨と、画面が
移り行く。左側の壁には同じ映像を粗く処理したもの、壁と壁の
交わる箇所には、直方体のデッサン・ラインが描かれる。床面にも
映像が残光する。音もぴったりのタイミングで流されている。

 うっとりするような破壊と再生の物語だ。花も骸骨もかたちを
とどめる時間はあまりに短く、うつろう。骸骨もまるで花びらの
ように姿を失う。ヒトの思考の産物である直方体もしかり。
 溶けてゆく映像は、宇治晶氏によれば、物質が物質でなくなる
瞬間、プラズマ現象を発生した瞬間である。

 最高のアシッド・ムーヴィーに浸りすぎてSは動けなくなる。
明日5pmまでなのが残念だが、もし時間がある方はぜひ、体験
して下さい。感動します!

 視えない次元を見せる写真の中では、円と半円を組み合わせた
デッサン・ラインだけの作品に惹かれた(三枚組の一点)。単純な
図形だが、視線が変ると図形も変貌して、半円が飛び出し、円が
斜め後ろにずれたりする。夜ひとりで見ていたら怖そうだ。

 からだに来る宇治晶展の後、もうひとつの小西真奈展へ。こちらも
よかった。初めて来た新富町、素敵です。いつか昼間に来てみよう。

 大江戸線西新宿五丁目(清水橋)から千代田線に乗り継ぎ、帰りも
地下鉄乗り継ぎ。今日はいったい何度、階段とエスカレータを昇降
したことか。まだ体力は多少残っていたらしい。
[PR]

by byogakudo | 2007-11-30 19:45 | アート | Comments(0)


<< 昨日のブログに写真追加 他      ピーター・ディキンスン・・・素... >>