猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 29日

J.S.マッカレー「続 地下鉄サム」途中

e0030187_13232278.jpg











 おお、読むものがない。昨夜はしかたなく「続 地下鉄サム」
(マッカレー 坂本義雄訳 鱒書房 56初)を持ち帰った。
 翻訳者・坂本義雄について、早稲田の高校の先生で、王貞治の担任?
だったような記憶があるが、でもどこで読んだのか。真偽は定かでない
ので、どなたかご存知の方、お教えください。

 「地下鉄サム」シリーズをいま読んでも、それほど面白いものでは
ないけれど、未読本で手近にあったから、つい。ニューヨークの
地下鉄内でスリを生業とする粋なオニイサンです。
 これをお手本にしたのがサトーハチロー「エンコの六」だそうだが、
昨日も古書市に出ていた。高くて買えなかった。

 お師匠さんが今年最後のご来店。ピーター・ディキンスン「英雄の
誇り」(HPB 71初帯)を譲っていただいた。お正月本ができたけれど、
「サム」を中断して読みそうなのが怖い。

 他にお願いしていたフランク・グルーバーやエイブラハム・メリット、
さすがのお師匠さんもお持ちでなかった。ハーバート・ブリーン「もう
生きてはいまい」は去年譲っていただいて売れちゃったし。
 「別冊宝石97号 F・グルーバー篇」なら、うちにもあったか。中原
弓彦「フランク・グルーバー紹介」、表紙・目次デザイン イラストレー
ションが小林泰彦と、素敵だ。

 今週の新着欄です。よろしく。
 新着欄

 明日30日(日)まで営業いたします。08年は1月5日(土)から開けます。
そんなに休んで何するんでしょ・・・?
 
[PR]

by byogakudo | 2007-12-29 13:23 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「続 地下鉄サム」から「英雄の...      「サファリ殺人事件」読了 >>