猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 13日

「女たち」(上)読了/天文台写真 第二回

e0030187_1483092.jpge0030187_1484624.jpg












e0030187_149526.jpge0030187_1492486.jpg











e0030187_1494225.jpge0030187_141025.jpg












e0030187_14102057.jpge0030187_14103980.jpg











 ようやく「女たち」(フィリップ・ソレルス 鈴木創士訳 河出文庫
07初帯)、上巻を読み終える。やや、修行の感あり、下巻を終了
できるかなあ?

 かわいくない印象のソレルスだが、毎晩手にしているうちに
悪い奴じゃないと、思い始める。(好きになった訳ではない。)
 イケズは京都の独占に非ず、フランス・イケズは強烈だ。本を
どこかにしまい込まない限り、執拗さから逃げられないんじゃ
ないかと思う。しつこいエネルギーには感服する。ソレルスに
比べれば佐藤薫氏のしつこさは、なんて淡白なものであったか。

 下巻の最後まで見届けたいような、それとも執拗さの繰り返しで
あろうから、もういいってことにするか・・・。
 「奇妙な孤独」を読んだのが、1960年代後半。遠い昔、かつての
作者と読者があった。

 今日の写真は天文台歴史館(大赤道儀室)、旧図書館の外階段、です。
[PR]

by byogakudo | 2008-01-13 14:20 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「女たち」(下)/天文台写真 第三回      天文台写真、公開始まる >>