猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 26日

シェクリイ「精神交換」読了

e0030187_14294699.jpg











 連日寒そうな写真が続いている。これは昨日のお茶の水駅界隈。
ちょうど曲り角で、寒風が吹きつけてきた。

 ロバート・シェクリイ「精神交換」(HPB 69初)読了。ハチャ
メチャにストーリー展開して強引に地球に戻って終わる。ちっとも
凄くはないが、詭弁論理学や詭弁哲学(ほとんどトートロジー)を
景気づけに用いて、タイム&スペースを飛び回るどたばたSF。
嫌いじゃない。

 主人公が火星旅行するために火星人と肉体を交換したら、悪い
火星人で、他に12人の人類と交換契約を結んでいた。(たしか
12人だった筈。読み終える以前に忘れてしまった。)

 もし元の身体が失われることがあったら地球に戻れない。そこで
奪われた肉体を求める冒険が始まる訳だが、全部で13名の地球人が
かかわっていることから予想されるように、キリスト教がらみです。
死後に復活するのにbodyが欠かせないから主人公も、あんなに
がんばるのだろう。

 昨夜はシェクリイも持ち帰ったが、前から置いていた小林信彦
「ちはやふる奥の細道」(新潮文庫 88初)を読み出した。こちらは
リファインの極み。

 今週の新着欄です。よろしく。
 新着欄
[PR]

by byogakudo | 2008-01-26 14:07 | 読書ノート | Comments(0)


<< 小林信彦「ちはやふる奥の細道」読了      寒い! >>