2008年 01月 28日

C.P.スノウ「ヨット船上の殺人」途中

e0030187_14342612.jpg








 今日も凍てつくような写真です。クリックしてお愉しみ下さい。

 「ヨット船上の殺人」(C.P.スノウ 弘文堂新社 67新装初)、
好きなタイプの探偵小説ではあるけれど、日本語訳の恐ろしいこと。
「ハムレット復讐せよ」(HPB 57初)の日本語と、どちらが兄で弟か、
近しさの感じられる変な日本語だ。

<私は棚を見つけ、わたしの身についてしまっている、きちっとした
 やり方で、その上に時計、カラーボタン、ネクタイを整頓した。>
(p14下段) 
 「わたしの」は要らないし、「身についてしまった」であろう。

<一週間前に乗船してからの最初の立食であった。>(p16上段)
 これは誤植かもしれないが、「してからの」の「の」は要らない。

<一行中で、わたし以外にきちんと服装をしているのは彼女だけ
だった。>(p21上段)
 「きちんとした服装」の誤植だろうか。

<わたしの年代のものが多くそうであるように、わたしもさまざまな
 変死体を見てきた。そのうちある記憶は、わたしの生きている限り、
 眼前に生き生きと残るであろう。>(p23上段)
 「生きている限り」「生き生きと」残るのか。似た表現が近すぎる。

<「(略)それには、まったくいままで通りにやっていくように
 することだ。そのことがはっきりなるのが、早ければ早いほど
 よいわけさ」(p31上段)
 「はっきりなる」ではなく「はっきりする」の誤植か。

 少なくとも数頁に一回はひっかかる表現が出てきて、その度に
自分なりの日本語を考えているものだから、ちっとも進まない。
ご苦労さんな重箱の隅体質がいけないのだが、得意のヤマカンで
判断するに、原文がそんなに凝った文体とは思えないので、英語は
読めるが日本語は苦手な翻訳者の責任ではないかと、愚考する。
どこかで新訳を出さないかしら。

 そのうち慣れて諦めても来るだろうから、できるだけ読み飛ばそう。
日本語さえ気にならなければ(!)のんきな英国調ミステリとして
愉しめる筈だ・・・。
[PR]

by byogakudo | 2008-01-28 14:34 | 読書ノート | Comments(0)


<< 古書 伊呂波文庫での個展(?)      小林信彦「ちはやふる奥の細道」読了 >>