猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 09日

アン・ペリー「十六歳の闇」読了

e0030187_12555388.jpg











 お師匠さんの他にも本を貸してくださるお客さま(こちらは
女性)が登場された。
 「何が好きかわかんないけど、適当に選ん」で持って来て
下さった中の1冊、アン・ペリー「十六歳の闇」(集英社文庫
04初帯)読了。

 ヴィクトリア朝ロンドンを舞台にした擬古典風ミステリだ。
ピーター・ラヴゼイなど、イギリス人の好きな時代設定であろう。
 貴族の息子が全裸死体でスラム街の下水道で発見される、
という導入部はヴィクトリア朝のダークサイドを示していて
期待したのだが、残念ながら好みと外れた。

 作者は社会改良への思いが強すぎるんじゃないかしら?
たしかに女性参政権もなく、女は何かといえばショックで
失神するのがお上品とされた時代にも、意欲的な女性たちは
存在しただろうが、主人公の警視を助けて活躍する妻の描き
ようが、あまりに70年代ウイメンズリブ的だ。
 作者はきまじめ強すぎて、ミステリに必要なヒューマーや
時代への距離の取り方が狂ってしまった、と思う。

 また、原題は死体発見場所の地名BLUEGATE FIELDSだが、
思わせぶりで売らんかな姿勢見え見えの邦題にされたのも困る。
ひどいセンスだ。

 と書いていたら、お師匠さん以外のもうひとりのお客さま、
森茉莉関連を貸してくださった方がいらっしゃり、年末に
お借りした本をお返しした。古本屋ではなく読書倶楽部
みたいですね。

 古本屋もやっています。今週もよろしく。
 新着欄
[PR]

by byogakudo | 2008-02-09 12:56 | 読書ノート | Comments(0)


<< ダフネ・デュ・モーリア「レイチ...      神保町から小川町界隈へ >>