2005年 08月 31日

本のパリ 

 早歩きで15分、十貫坂の古本屋・昭和堂書店が閉店セールだとお客さまから
教えられ、最終日(29日)夕方 ふたりで交代に行ってみた。全部 半額。引っ切りなしに
入ってくる人で狭い店内(弊店と同じくらい)は すれ違うのに苦労する。
 あまり良本は残っていなかったが、それでも4-5000円購入。ちくま文庫版「シルト
の岸辺」があったのが嬉しい。むかし読みそびれたグラックだが、今度は文庫本だし、
読めるだろうか?

 昨夜から、3冊買った中公文庫版 鹿島茂の1冊「パリ時間旅行」(99初)に取掛かる。
いきなり時間隧道(パサージュ)の話。頭のなかでパリ散歩するが、実際に脚で歩きたく
なる。夏の終りに雨がふって、その日から秋になるパリ__行きたしと思へども。

 久しぶりにミステリのお師匠さんがいらっしゃる。ウッドハウスは国書刊行会版の
2冊をすでに読まれたとか。(文芸春秋版の2巻、3巻は出ているのだろうか? 本の
買出しのとき、調べよう)。
 岩波文庫「ホーソーン短篇小説集」についてお訊ねしたら、怪談ばかりじゃないと
思うが、へんな味の短篇であろうとのお答え。
 時間と余裕があれば読んでから出したいけれど、たぶん まず 読まずに取合えず
棚出しすべきだろう。なんだか歯切れが悪い。往生際が悪い、わたし。


人気blogランキングへ
[PR]

by byogakudo | 2005-08-31 16:11 | 読書ノート | Comments(0)


<< 街_パリ-東京      ナニ? >>